日本の歴史7[安土桃山]・単元テスト
 中学受験専門塾・優学習会 すぐるホームページ > すぐるゼミ


番号問題解答らん
1応仁の乱後のようすについて、あてはまらないものを選びなさい。
僧や貴族が戦乱をさけて地方に移り住んだため、都の文化が地方に広まった。
守護大名の多くは、領地の産業をさかんにするとともの、強い軍隊を作ることに努めました。
伊達氏や武田氏などは、御成敗式目の影響を受けた領地の中で用いられる決まりを作った。
室町幕府は名ばかりのものとなり、「山城国、一国のみ」の大名といわれるほどでした。
21543年、鉄砲が伝わりましたが、それについて正しく説明した文を選びなさい。
スペイン人を乗せた中国船が日本に流れ着き、偶然、伝えられました。
城のつくり方もかわり、鉄砲に備えて、高い石垣や厚いかべもつくらるようになりしまた。
鉄砲が合戦に使われるようになると、それまでの集団戦法から一騎打ちに戦法もかわりました。
鉄砲の生産には高度な技術が必要だったため、伝わってから50年以上も国内で生産されませんでした。
31549年、キリスト教が伝わりましたが、これについて説明した文として、正しくないものを選びなさい。
イエズス会の宣教師フランシスコ=ザビエルによって伝えられました。
信者はキリシタンとよばれ、16世紀末には約15万人にもなりました。
布教を許した大名も、仏教勢力との対立をさけるため、教会や学校の建設は認めませんでした。
大名の中には、熱心な信者となる者もいて、ローマ教皇のもとへ4人の少年を使節として送りました。
41571年、織田信長は延暦寺を焼き討ちしましたが、この目的について述べた次の文の中から正しいものを選びなさい。
商業を発展させ、外国に負けない日本をつくるため。
延暦寺の僧兵たちが武器を持って反抗したから。
延暦寺のある比叡山に自分の城を建てようと考えたから。
仏教の勢力をおさえて、キリスト教を保護しようと考えたから。
51573年、室町幕府最後の将軍はだれですか。選びなさい。
足利義尚(よしひさ)
足利義輝(よしてる)
足利義昭(よしあき)
足利義視(よしみ)
6日本へキリスト教を伝えたのはだれですか。人物名を書きなさい。
7キリスト教を伝えた人物は、どこの国の人ですか。次から選びなさい。
アメリカ
イギリス
オランダ
ポルトガル
スペイン
8日本に鉄砲を伝えた人物は、どこの国の人ですか。次から選びなさい。
アメリカ
イギリス
オランダ
ポルトガル
スペイン
91575年、織田徳川連合軍が武田勝頼の騎馬軍団を破り鉄砲の威力をみせつけました。その戦いの名を選びなさい。
壇ノ浦の戦い
桶狭間の合戦
三方原の戦い
長篠の戦い
関ヶ原の戦い
10戦国大名の多くは、自分の領地を支配するための法律を独自に作りました。これをなんといいますか。漢字三字で書きなさい。
11「キリスト教禁止のおふれを出し、本願寺あと地に城を築いて統一の足がかりとしました。刀狩りや検地を行いました。」当てはまる人物を選びなさい。
今川義元(いまがわよしもと)
武田信玄(たけだしんげん)
織田信長(おだのぶなが)
北条早雲(ほうじょうそううん)
豊臣秀吉(とよとみひでよし)
上杉謙信(うえすぎけんしん)
朝倉義景(あさくらよしかげ)
毛利元就(もうりもとなり)
伊達政宗(だてまさむね)
長宗我部元親(ちょうそかべもとちか)
12「守護大名から戦国大名となり勢力を広げ、京都へのぼる途中に敗れてしまいました。仮名目録をつくったことでも知られています。」当てはまる人物を選びなさい。
今川義元(いまがわよしもと)
武田信玄(たけだしんげん)
織田信長(おだのぶなが)
北条早雲(ほうじょうそううん)
豊臣秀吉(とよとみひでよし)
上杉謙信(うえすぎけんしん)
朝倉義景(あさくらよしかげ)
毛利元就(もうりもとなり)
伊達政宗(だてまさむね)
長宗我部元親(ちょうそかべもとちか)
13「領民に家法を定めたり、釜無川に堤防を築いたりしました。北方の戦国大名と五回にわたり戦いましたが、勝敗はつきませんでした。」当てはまる人物を選びなさい。
今川義元(いまがわよしもと)
武田信玄(たけだしんげん)
織田信長(おだのぶなが)
北条早雲(ほうじょうそううん)
豊臣秀吉(とよとみひでよし)
上杉謙信(うえすぎけんしん)
朝倉義景(あさくらよしかげ)
毛利元就(もうりもとなり)
伊達政宗(だてまさむね)
長宗我部元親(ちょうそかべもとちか)
14「中国地方の戦国大名と戦っていた家臣を助けに向かう途中、家臣に裏切られて自害し、天下統一は果たせませんでした。」当てはまる人物を選びなさい。
今川義元(いまがわよしもと)
武田信玄(たけだしんげん)
織田信長(おだのぶなが)
北条早雲(ほうじょうそううん)
豊臣秀吉(とよとみひでよし)
上杉謙信(うえすぎけんしん)
朝倉義景(あさくらよしかげ)
毛利元就(もうりもとなり)
伊達政宗(だてまさむね)
長宗我部元親(ちょうそかべもとちか)
15「小田原を本拠地として相模を支配しました。小田原城が一族の本城でしたが、後に秀吉に攻められ落城しました。」当てはまる人物を選びなさい。
今川義元(いまがわよしもと)
武田信玄(たけだしんげん)
織田信長(おだのぶなが)
北条早雲(ほうじょうそううん)
豊臣秀吉(とよとみひでよし)
上杉謙信(うえすぎけんしん)
朝倉義景(あさくらよしかげ)
毛利元就(もうりもとなり)
伊達政宗(だてまさむね)
長宗我部元親(ちょうそかべもとちか)
16織田信長を本能寺で自害させたのは、だれですか。
石田三成
斎藤道三
明智光秀
浅井長政
徳川家康
1716世紀の後半、スペインやポルトガルとの貿易を何貿易とよびましたか。
遣唐使
勘合貿易
南蛮貿易
朱印船貿易
北前船
18南蛮貿易での日本からの輸出品を1つ選びなさい。
生糸
火薬
絹織物
19信長が領地の産業を発展させるため、商工業者の市場の税を免除するなどの政策をとりました。何というか、漢字四字で書きなさい。
20秀吉は検地を全国に行いましたが、その結果農民はどうなりましたか。正しいものを選びなさい。
土地を取り上げられた農民は、一揆をおこし、団結して城下にせまりました。
土地を得た農民は力をつけ、土着の武士とともに、大名に抵抗することがありました。
土地を耕作する権利を認められた農民は、二毛作を始めたり、特産物を栽培するなど生産を増やしました。
土地を耕作する権利を認められた農民は、他の職業についたり、土地をはなれることを禁止されました。
21太閤検地の結果、各地にあった特別な私有地が完全になくなりました。その私有地を何といいますか。
22秀吉が商工業政策として行ったこととして、あてはまらないものを選びなさい。
金山や銀山を開発して、直接支配下におきました。
キリスト教の禁止を実現するために、貿易も禁止しました。
京都・大阪・博多など主要な都市を直接支配しました。
ものさしやますの単位を一定にして、取引を行いやすくしました。
23秀吉は朝廷の力を利用して政治を行いました。秀吉のついた地位をすべて選びなさい。
摂政
関白
太政大臣
征夷大将軍
上皇
24秀吉は、明の征服のために、まず朝鮮へ出兵しました。朝鮮に出兵したときの年号を二つ選びなさい。
文永
弘安
文禄
慶長
保元
平治
承久
25安土桃山時代に茶道を大成した人物を選びなさい。
観阿弥
千利休
上杉憲実
藤原定家
阿国
26安土桃山時代、阿国が歌舞伎のもととなる踊りを広めたと言われています。出身地を選びなさい。
出羽
出雲
尾張
三河
27城の内部のびょうぶやふすまに金や銀を下地にしたあざやかに絵がかかれました。唐獅子図屏風(からじしずびょうぶ)が特に有名です。作者を選びなさい。
運慶
鳥羽僧正
吉田兼好
狩野永徳
尾形光琳
28安土桃山時代の文化の特色を選びなさい。
唐の文を消化した日本の風土や生活にあった文化
新しい大名や大商人が中心となった豪華で雄大な文化
武士が力をもったため生まれた、素朴で力強い文化
都に武家が入りこんだことから、武家と公家の文化が融合した文化
29桃山文化に関係のないものを次から選びなさい。
朝鮮の陶工によって、有田焼・薩摩焼・萩焼などが作られるようになりました。
二階建ての家がつくられ、かわら屋根も用いられるようになりました。
活字印刷機によって、「イソップ物語」(キリシタン版)などが出版されました。
お伽草子とよばれる絵入りの物語が作られるようになり、民衆に読まれました。
30桃山文化の建築物にあてはまるものを次から選びなさい。
京都に聚楽第という豪華な邸宅がつくられました。
奈良の東大寺に、天竺様の南大門がつくられました。
京都の北山に、金閣という豪華な別荘がつくられました。
京都の宇治に、平等院鳳凰堂とよばれる阿弥陀堂がつくられました。
31世界遺産に登録された「白鷺城」に関係の深いものを答えなさい。
安土城
大阪城
姫路城
伏見城
32桃山文化の絵画に関係の深いものを答えなさい。
ふすま絵
にしき絵
水墨画
にせ絵
大和絵
33ポルトガル人が種子島に漂着し、鉄砲を伝えたのは、西暦何年ですか。
34織田信長が長篠の戦いで武田勝頼の軍を破ったのは、西暦何年ですか。
35豊臣秀吉が全国統一したのは、西暦何年ですか。
36豊臣秀吉が刀狩り令を出したのは、西暦何年ですか。
37フランシスコ=ザビエルが鹿児島に上陸しキリスト教を伝えたのは、西暦何年ですか。
38織田信長が本能寺で自害したのは、西暦何年ですか。
39豊臣秀吉の朝鮮侵略のうち文禄の役は、西暦何年ですか。
40豊臣秀吉の朝鮮侵略のうち慶長の役は、西暦何年ですか。

Copyright(C) Suguru Corporation