日本の歴史4[平安時代]・確認テスト
 中学受験専門塾・優学習会 すぐるホームページ > すぐるゼミ


番号問題解答らん
1律令政治を立て直すため、平安京に都を移したのは何天皇ですか。
持統天皇
天武天皇
天智天皇
聖武天皇
桓武天皇
2平安時代は次の鎌倉幕府の成立までの何年間でしたか。
年間
3平安京は、明治になって東京に都が移るまでのおよそ何年か日本の都でしたか。
年間
4東北地方へ勢力を伸ばすと、蝦夷たちはしばしば朝廷軍と戦いました。桓武天皇は坂上田村麻呂を任命して、東北地方を平定させました。何という役職でしょうか。
令外の官
太政大臣
国司
郡司
征夷大将軍
5藤原氏は、9世紀中ごろから、天皇が幼いときに天皇の代わりに政治をする役職につき実権を握りました。これをなんといいますか。
摂政
関白
太政大臣
征夷大将軍
令外の官
6藤原氏は、9世紀中ごろから、天皇が成人しても天皇の代わりに政治をする役職につき実権を握りました。これをなんといいますか。
摂政
関白
太政大臣
征夷大将軍
令外の官
7藤原氏が行った政治を何といいますか。
律令政治
摂関政治
武家政治
執権政治
8藤原氏が一番勢力を持ったのは、11世紀の初めでした。そのときの人物ふたり選びなさい。
良房
基経
不比等
鎌足
道長
頼道
頼通
9遣唐使の廃止を天皇に進言したのは、だれですか。
藤原不比等
藤原道長
菅原道真
坂上田村麻呂
10藤原氏は、朝廷からの収入の他に、たくさんのAをもち大きな収入を得ていました。Aにあてはまる言葉を書きなさい。
11尾張の国の役人藤原元命(ふじわらのもとなが)の悪政を、郡司や農民から訴えられ、やめさせられました。その役職名を選びなさい。
守護
地頭
国司
郡司
太政大臣
征夷大将軍
12荘園は初め政府に税を納めていましたが、貴族や寺社の中には口実をもうけてはらわなくとも良い権利を得ました。これをなんといいますか。
の権
13貴族や寺社の荘園の中には口実をもうけて、役人の立ち入りを断る権利を得ました。これをなんといいますか。
の権
14武士団の棟(とう)りょうとして有名な平氏は何天皇の子孫ですか。
清和(せいわ)天皇
桓武(かんむ)天皇
聖武(しょうむ)天皇
天武(てんむ)天皇
天智(てんじ)天皇
1510世紀の中ごろ、関東地方で反乱を起こし、一帯を支配し新皇となのったのはだれですか。
平将門
平清盛
源実朝
源義経
藤原純友
16平将門の乱とほぼ同じころ、瀬戸内地方の海賊を率いて西国を荒らし回ったのはだれですか。
藤原純友
藤原道長
源義家
源義経
菅原道真
1711世紀の中ごろ、東北地方の豪族が、前九年後三年の役とよばれる反乱をおこしました。これをしずめたのは、誰ですか。
坂上田村麻呂
源義経
源義家
平将門
平清盛
18天皇が位をゆずり、上皇となった後も政治を行うことをなんといいますか。
律令政治
摂関政治
院政
執権政治
19白河上皇があつく仏教を信じたため、寺院の勢力が強くなり、武装した僧が都におしかけ乱暴をはたらきました。この僧を何といいますか。
20上皇と天皇の対立に、藤原氏、源氏と平氏がそれぞれに味方し、1156年におこった乱はなんですか。
壬申の乱
白村江の戦い
大化の改新
平将門の乱
保元の乱
平治の乱
211159年、平清盛と源義朝が対立しておこった乱を何といいますか。
壬申の乱
平将門の乱
前九年後三年の役
保元の乱
平治の乱
221167年、武士としてはじめて太政大臣となり政治の実権を握ったのは、だれですか。
藤原不比等
藤原道長
菅原道真
源頼朝
平将門
平清盛
23平清盛は、兵庫港(現在の神戸港)を修築し、中国と貿易をしました。中国の王朝名を選びなさい。
24平安時代の初めに中国に渡り、帰国後新しい仏教の宗派を広めました。伝教大師とよばれた人に関係のあるものをすべて選びなさい。
比叡山
高野山
延暦寺
金剛峰寺
天台宗
真言宗
最澄
空海
25平安時代の初めに中国に渡り、帰国後新しい仏教の宗派を広めました。弘法大師とよばれた人に関係のあるものをすべて選びなさい。
比叡山
高野山
延暦寺
金剛峰寺
天台宗
真言宗
最澄
空海
26平安時代の中ごろ、貴族たちは唐風の文化を消化して日本の国土や風土にあった文化を生み出しました。このような文化をなに文化といいますか。
飛鳥文化
白鳳文化
天平文化
国風文化
武家文化
27平安時代の貴族は束帯と十二単が正装で、A造りとよばれる住居に住んでいました。Aに当てはまる言葉を書きなさい。
28漢字をくずした草書から作られた文字をなんいいますか。
文字
29古今和歌集を編集したのは、だれですか。
紀貫之
藤原定家
紫式部
柿本人麻呂
山上憶良
30平安時代、ふすまやびょうぶに日本の風物がかかれました。これをなんいいますか。
障壁画(しょうへきが)
水墨画(すいぼくが)
大和絵
錦絵(にしきえ)
浮世絵(うきよえ)
31次の文で正しくないものを選びなさい。
紀貫之が書いた『土佐日記』は、かなで書いた日記風の紀行文です。
清少納言が書いた『枕草子』は、自然や当時の社会について書いた随筆文です。
紫式部が書いた『源氏物語』は、源氏一族について書いてある歴史資料です。
かぐや姫の伝説をもとにした『竹取物語』が書かれた。
絵と物語が組み合わされ『源氏物語絵巻』や『鳥獣戯画』などが生み出された。
32浄土教(浄土信仰)が広まり、阿弥陀堂が各地に建てられました。次の文の中で、正しくないものを選びなさい。
10世紀の中ごろ、空也が都で浄土教の教えを説いた。
源信が『往生要集(おうじょうようしゅう)』を書き、貴族や地方豪族に影響を与えた。
阿弥陀堂建築がさかんになり、藤原道長は、法成寺を建てました。
道長の子藤原頼通は、宇治に平等院鳳凰堂を建てました。
奥州藤原氏が建てた平泉(宮城県)の中尊寺金色堂は、地方へ広まったことがわかります。
33平清盛が太政大臣となったのは、西暦何年ですか。
794年
894年
935年
1016年
1086年
1156年
1159年
1167年
34遣唐使が廃止されたのは、西暦何年ですか。
794年
894年
935年
1016年
1086年
1156年
1159年
1167年
35藤原道長が摂政となったのは、西暦何年ですか。
794年
894年
935年
1016年
1086年
1156年
1159年
1167年
36保元の乱がおこったのは、西暦何年ですか。
794年
894年
935年
1016年
1086年
1156年
1159年
1167年
37院政が開始されたのは、西暦何年ですか。
794年
894年
935年
1016年
1086年
1156年
1159年
1167年
38平治の乱がおこったのは、西暦何年ですか。
794年
894年
935年
1016年
1086年
1156年
1159年
1167年
39平安京に都が移されたのは、西暦何年ですか。
794年
894年
935年
1016年
1086年
1156年
1159年
1167年
40平将門の乱がおこったのは、西暦何年ですか。
794年
894年
935年
1016年
1086年
1156年
1159年
1167年

Copyright(C) Suguru Corporation