日本の歴史1[縄文・弥生]・単元テスト
 中学受験専門塾・優学習会 すぐるホームページ > すぐるゼミ


番号問題解答らん
1年代の表し方で「西暦」は、だれが生まれたと考えられていた年を紀元一年としていますか。
2西暦で紀元1年以前をアルファベットでどう表しますか。
3西暦を100年単位で区切って数えるのを「世紀」といいますが、645年は何世紀ですか。
世紀
4西暦を100年単位で区切って数えるのを「世紀」といいますが、1600年は何世紀ですか。
世紀
5日本だけでしか通用しない年代の表し方を何といいますか。
6日本だけでしか通用しない年代の表し方を元号といいますが、これについて述べた次の文の中から正しくないものを選びなさい。
これは中国を見習って定められました。
日本最初の元号は「大化」であるといわれています。
支配者が時間をも支配するために定めたものです。
元号の数は、天皇の数といっちしています。
7支配者の移り変わりで時代を分けると「古代=Aの世の中」となりますが、Aに当てはまる言葉を選びなさい。
貴族(きぞく)
僧侶(そうりょ)
商人
農民
武士(ぶし)
8支配者の移り変わりで時代を分けると「封建(ほうけん)=Bの世の中」となりますが、Bに当てはまる言葉を選びなさい。
貴族(きぞく)
僧侶(そうりょ)
商人
農民
武士(ぶし)
9「大和時代−奈良時代−●時代−鎌倉時代−…」の●に当てはまる言葉を選びなさい。
飛鳥(あすか)
江戸(えど)
平安(へいあん)
大正(たいしょう)
戦国(せんごく)
室町(むろまち)
10「鎌倉時代−○時代−安土桃山時代−◎時代…」の○に当てはまる言葉を選びなさい。
飛鳥(あすか)
奈良(なら)
平安(へいあん)
大正(たいしょう)
戦国(せんごく)
室町(むろまち)
11「鎌倉時代−○時代−安土桃山時代−江戸時代−◎時代」の◎に当てはまる言葉を選びなさい。
飛鳥(あすか)
奈良(なら)
平安(へいあん)
室町(むろまち)
明治(めいじ)
大正(たいしょう)
昭和(しょうわ)
12相沢忠洋が発見したことに関係がないものをひとつ選びなさい。
群馬県岩宿遺跡
日本列島の人類の歴史が一万年以上前にさかのぼる。
黒曜石で作られた槍先型の石器
打ちかいただけの打製石器
厚手でもろい土器
無土器(先土器)時代
13先土器(無土器)時代の日本列島の様子として正しくないものを次から選びなさい。
日本列島は大陸と陸続きになっていました。
人々は火を使うことを知りませんでした。
日本海は大きな湖となっていました。
人々は土器を作ることを知りませんでした。
14岩宿遺跡と同じころの遺跡としてナウマン象とおおつのじかの化石が発見された長野県の地名を選びなさい。
諏訪(すわ)湖
野尻(のじり)湖
青木湖
大正池
15エドワード=モースが発見した遺跡はなんですか。その名を書きなさい。
16縄文時代の人々の住まいを何といいますか。
住居
17縄文時代の人々が魔よけなどのためにつくった人形をなんといいますか。
埴輪
土偶
貝塚
石包丁
銅鐸
18三内丸山遺跡は、現在の何県にありますか。
19縄文土器について述べた次の文で、正しいものを選びなさい。
うすくてかたい、かざりのない土器です。
はじめて土器が発見された町の名からこの名がつけられました。
食べ物の保存ともりつけにだけ利用され、調理には使われませんでした。
北海道から沖縄までの日本各地で発見されています。
20縄文時代の食生活について述べた文として正しくないものをえらびなさい。
狩りや漁をしたり、木の実や貝を集めたりして、食料にしていました。
四季があり、温暖な気候であったため、食べ物が不足することはほとんどありませんでした。
協力して手に入れた食べ物は、平等に分け合ったといわれています。
村どうしで食料を交換することもありました。
21弥生時代の代表的な遺跡は登呂遺跡と吉野ヶ里遺跡です。それぞれがある県として、正しいものを選びなさい。
登呂−静岡、吉野ヶ里−熊本
登呂−静岡、吉野ヶ里−佐賀
登呂−愛知、吉野ヶ里−福岡
登呂−愛知、吉野ヶ里−佐賀
22弥生時代の稲作について述べた文として正しくないものを次から選びなさい。
はじめは湿地を利用して行われ、後に水路などをつくって新しい水田開発も行われました。
大陸から、温暖な南四国に最初に伝わりました。
西日本から東日本にも広まり、冷涼な気候の東北地方にも伝わりました。
じかまきで行われていたとする説と、すでに田植えも行われていたとする説があります。
23石包丁(いしぼうちょう)は、何をするための道具でしたか。
脱穀のため
稲穂をつみとるため
米つぶをするつぶすめ
雑草をかりとるため
24弥生時代稲をたくわえておく倉庫(そうこ)がつくられました。その名を書きなさい。
倉庫
25高床倉庫の階段や柱の上部には板が取り付けられて中のものを守るようになっています。この板を何といいますか。ひらがなで答えなさい。
26弥生時代に表面に動物の絵や狩りの様子などがかかれていて、おもに祭りの道具に使われたとされる金属器を次から選びなさい。
銅剣
銅鉾(ほこ)
銅鐸(たく)
銅鏡(きょう)
27弥生時代の社会の様子を述べた文として正しいものを選びなさい。
このころは、おもに近くのわき水が出る台地に集落をつくって生活していました。
このころは、自給自足の生活だったので、生活が自然条件に大きく左右されていました。
このころは、田植えも始まり、稲の収穫量も安定し始めました。
このころは、木製の道具や石器・土器・金属器などが使われ始めていました。
28弥生時代に稲作が広まる中での社会の変化について述べた文として正しくないものを選びなさい。
たくわえのある者とそうでない者とができ、貧富の差ができました。
人々は、台地から稲作に適した平地に移り、水田の近くに村を作って住みました。
食物のたくわえができ生活が豊かになったため、村どうしの争いはなくなりました。
祭りや農作業の指導者が村の支配者となり、支配する者とされる者が生まれました。
29弥生時代のころに村や国が争っていたことを今に伝える資料として正しくないものを選びなさい。
敵の攻撃に備えて堀をめぐらした村や国のあとが見つかっています。
首が切りとられたり、やじりがうちこまれた骨が見つかっています。
もの見やぐらや、先端をとがらせたくいを斜めにたてたあとが見つかっています。
武器として使われたマンモスのきばの化石が人骨と一緒に見つかっています。
30弥生時代には、鉄と青銅の金属器が広まりましたが、鉄の使い道について正しくないものを選びなさい。
木製品をつくる工具に使われました。
すきやくわなどの刃先やかまなどの農具に使われました。
住居の中心になる柱に使われました。
剣や刀などの武器に使われました。
313世紀頃の様子が中国の書物に書かれています。書物の名を選びなさい。
漢書 地理志
後漢書 東夷伝
魏志 倭人伝
漢委奴国王
32魏志倭人伝に書かれた3世紀のころの日本の様子について、正しくないものを選びなさい。
卑弥呼という名の女性が治めていた。
親魏倭王の称号と銅鏡を授かった。
奴国の使いが魏にやってきた。
以前は100あまりに分かれていたが、30ほどの国にまとまっている。
稲や麻を植え、かいこを飼い、織物をつくっている。
33邪馬台国の位置について論争が続いていますが、北九州にあったとする説ともう一つはどこにあったとする説が有力ですか。
東海
山陰
大和
北陸
関東
34邪馬台国の様子として正しくないものを、選びなさい。
まじないによる政治がおこなわれていた。
身分のちがいはなく、共同作業が行われていた。
人々は税を治めていた。
市が開かれていた。
35『後漢書』東夷伝には、1世紀のころのことが書かれています。正しくないものを選びなさい。
倭の奴国の使いが来たと記されている。
皇帝が金印を授けたと書かれている。
金印は博多湾の志賀島で明治時代に発見された。
金印には、「かんのわのなのこくおう」ときざまれていた。
36紀元前1世紀、倭の国はいくつくらいに分かれていたと中国の書物に書かれていますか。
あまりの小さな国
37紀元前1世紀のころの日本ついては、中国の何という本に書かれていますか。
漢書 地理志
漢書 東夷伝
後漢書 東夷伝
後漢書 地理志
魏志 東夷伝
魏志 倭人伝
38『漢書』地理志には、「楽浪郡の海の向こうには○人がいて、100あまりの国に分かれています」と書かれていますが、○に当てはまる言葉を選びなさい。
邪馬台国
大和
39『漢書』地理志には、「楽浪郡の海の向こうには倭人がいて、100あまりの国に分かれています」と書かれていますが、楽浪郡は現在のどのあたりか選びなさい。
ソウル付近
ピョンヤン付近
ペキン付近
モスクワ付近
40『漢書』地理志には、「楽浪郡の海の向こうには…」と書かれていますが、楽浪郡は現在のどこかを選びなさい。
ソウル付近
ピョンヤン付近
ペキン付近
ナンキン付近
ホンコン付近

Copyright(C) Suguru Corporation