日本の歴史1[縄文・弥生]・確認テスト
 中学受験専門塾・優学習会 すぐるホームページ > すぐるゼミ


番号問題解答らん
1年代の表し方として一番広く使われているのが「西暦」です。これは、だれが生まれた年と考えられていた年を一年としていますか。
イエス=キリスト
ブッダ
アラー
クリシュナ
2紀元前と紀元後をアルファベットの略称でどう表しますか。
紀元前=B.C、紀元後=A.D
紀元前=A.D、紀元後=B.C
紀元前=A.E、紀元後=B.D
紀元前=B.D、紀元後=A.C
3西暦を100年で区切った数える方法を世紀といい、1年から100年を1世紀といいます。では、645年は何世紀ですか。
世紀
4西暦2000年は何世紀ですか。
世紀
5平成15年のような元号は、日本だけでしか通用しません。日本最初の元号は何だといわれていますか。
大正
明治
昭和
慶応
大化
養老
6ある時代以前は、一人の天皇のときに何回も年号(元号)がかわることがありました。ある時代以後は、一人の天皇に1つの年号と決まりました。いつの時代からでしょうか。
明治
大正
昭和
平成
大化
7社会のしくみの特色で、時代を大きく分ける方法として正しいものを選びなさい。
原始−古代−封建(中世・近世)−近代−現代
原始−古代−近代−封建(中世・近世)−現代
原始−古代−封建(中代・近代)−近世−現代
原始−古代−封建(古世・中世)−近代−現代
8政治の中心地で分ける方法の「奈良時代−○時代−鎌倉時代…」の○に入る言葉を選びなさい。
飛鳥
平安
江戸
明治
大正
9政治の中心地で分ける方法の「平安時代−鎌倉時代−○時代」の○に入る言葉を選びなさい。
飛鳥
室町
江戸
明治
大正
10政治の中心地で分ける方法の「鎌倉時代−室町時代−安土桃山時代−○時代」の○に入る言葉を選びなさい。
飛鳥
室町
江戸
明治
大正
11政治の中心地で分ける方法の「室町時代−○時代−江戸時代−明治時代」の○に入る言葉を選びなさい。
飛鳥
室町
江戸
平安
安土桃山
12室町時代のはじめ約60年間を何時代といいますか。
戦国時代
古墳時代
大和時代
南北朝時代
天平時代
13室町時代のおわり約100年間を何時代といいますか。
戦国時代
古墳時代
大和時代
南北朝時代
天平時代
14日本列島は数十万年前は大陸と陸つづきで、日本海は大きな湖でした。これは、どのようなことから分かりますか。
南方のナウマン象や北方のマンモス象の化石が各地で見つかった。
長野県の諏訪湖では、石器やおおつのじかの化石が発見されている。
三内丸山遺跡では、集落のあとが発見されている。
群馬県桐生市郊外で岩宿遺跡が発見された。
15日本で石を打ちかいただけの旧石器時代があることがわかったのは岩宿遺跡の発見からです。これに関係することを三つ選びなさい。
相沢忠洋という青年が1949年に発見した。
それまで、縄文時代が最も古いと考えられていた。
赤土のがけの中から黒曜石でつくられた打製石器を発見した。
発見された土器に縄目の模様があるので縄文土器とよばれる。
貝がらやこわれた生活用具をすてたごみすて場も発見された。
貝塚からは、土器・磨製石器・骨角器なども出てきた。
16日本の旧石器時代は土器が作られていなかったので、何とよばれましたか。
時代
17日本が大陸から切り離されたのは、今からどれくらい前ですか。
約5万年前
約1万2千年前
約8千年前
約1千年前
18縄文時代の人々の住居を何といいますか。
住居
19縄文時代の人々のくらしのようすは、当時のごみ捨て場である遺跡を調べると分かります。これを何といいますか。
20縄文時代の遺跡の名と場所の組み合わせで正しくないものを選びなさい。
大森貝塚=東京都
加曽利貝塚=千葉県
鳥浜貝塚=福井県
三内丸山遺跡=群馬県
21縄文土器の名づけ親で、大森貝塚を発見したアメリカ人はだれですか。
22縄文時代のイメージを大きく変える発見があったのは、青森市の何遺跡ですか。
遺跡
23縄文時代の人々の暮らしについて、正しくないものを選びなさい。
弓矢や落とし穴を使って獲物をとったり、漁をしていた。
土器で野草などを煮炊(にた)きできるようになり、食料がふえた。
自給自足だったが、不足する物は村どうしで物々交換したりしていた。
土偶は魔よけや安産を祈って作られたと考えられている。
住居のつくりや大きさにちがいがないので、貧富の差や身分の差がなかったと考えられている。
祭りの道具として銅鐸(どうたく)があり、表に漁や狩りの絵が書かれている。
24縄文時代の終わりころに稲作と金属器が伝えられました。土器もうすででかたく、形のととのった物となりましたが、その土器の名を答えなさい。
土器
25弥生時代は紀元後何世紀ころまで続きましたか。
世紀
26稲作は、西日本から東日本へと広まり、1世紀には青森県に達しました。当時の暮らしに関する文として正しくないものを選びなさい。
はじめ、湿地を利用したので湿田が多く、田げたが使われた。
耕作の道具としては、木製のくわやすきが使われた。
もみは、じかにまき、一部では田植えをしていた。
石包丁で稲を根本からつみとり、高床倉庫にたくわた。
うすときねで脱穀(だっこく)し、土器でにて食べた。
27高床倉庫の階段や柱には、害となる動物の進入を防ぐために何がつけられていますか。
28金属器には、青銅器と鉄器がありますが、まだ石器も広く用いられていました。青銅器の種類として正しくないものを選びなさい。
銅剣(けん)
銅鉾(ほこ)
銅鐸(たく)
銅鏡(きょう)
銅盾(たて)
29つりがね型をした青銅器の銅鐸(どうたく)は、おもに何地方で発見されましたか。
地方
30鉄器について述べた文の中で正しくないのを選びなさい。
祭りの道具として使われた物が多い。
武器や農具の他に、木製品をつくる工具として使われた。
鉄器は、数も少なくたいへん貴重だった。
鉄器は、さびやすいため、残っている物が少ない。
31弥生時代について述べた次の文の中から、正しいものを二つ選びなさい。
稲作が始まると指導者がうまれ、村を支配するようになった。
石器や骨格器はほとんどつかわれなくなった。
竪穴住居の大きさにさがあまりなく、身分の差はなかった。
米はたくわえられるので、貧富の差がうまれた。
32弥生時代の遺跡として正しくないものを選びなさい。
唐古遺跡=奈良県
吉野ヶ里遺跡=佐賀県
登呂遺跡=静岡県
三内丸山遺跡=青森県
33弥生時代には、村から国へと発展し、小さな国を支配する豪族がうまれました。その頭(かしら)を何といいますか。
天皇(てんのう)
大王(おおきみ)
王(きみ)
皇帝(こうてい)
34中国の書物に書かれた紀元前1世紀ころの日本ついて、正しくないものを二つ選びなさい。
当時は、倭とよばれていた。
100国にあまりに分かれていた。
30国あまりに分かれていた。
中国に定期的にみつぎものをしていた。
漢書 地理志 という書物に書かれていた。
卑弥呼がおさめていたと書かれていた。
35中国の書物に書かれた紀元1世紀ころの日本ついて、正しくないものを二つ選びなさい。
倭の奴国の使いが来たとしるされていた。
漢の皇帝が金印をさずけたと書かれていた。
100国あまりに分かれていると、書かれていた。
金印には、「漢委奴国王」ときざまれていた。
漢書 地理志 という書物に書かれていた。
金印は江戸時代に志賀島で発見された。
36中国の書物に書かれた紀元3世紀ころの日本ついて、正しくないものを二つ選びなさい。
邪馬台国の女王卑弥呼が支配していると書かれていた。
漢の皇帝が金印をさずけたと書かれていた。
30国あまりに分かれていると、書かれていた。
「親魏倭王」という称号と銅鏡がさずけられたと書かれていた。
魏志倭人伝 という書物に書かれていた。
金印は江戸時代に志賀島で発見された。
37邪馬台国の位置について、二つの説が有力です。その二つを選びなさい。
北九州
南四国
大和
関東
東海
38紀元前一世紀ころの倭について書かれている中国の本とその部分とを選びなさい。
漢書(かんじょ)
後漢書(ごかんじょ)
魏志(ぎし)
倭人伝(わじんでん)
東夷伝(とういでん)
地理志(ちりし)
39紀元一世紀中ごろの倭の奴国について書かれている中国の本とその部分とを選びなさい。
漢書(かんじょ)
後漢書(ごかんじょ)
魏志(ぎし)
倭人伝(わじんでん)
東夷伝(とういでん)
地理志(ちりし)
40紀元三世紀ごろの邪馬台国について書かれている中国の本とその部分とを選びなさい。
漢書(かんじょ)
後漢書(ごかんじょ)
魏志(ぎし)
倭人伝(わじんでん)
東夷伝(とういでん)
地理志(ちりし)

Copyright(C) Suguru Corporation